HSPの基本情報

【HSPの基本情報】HSC(Highly Sensitive Child)とは

HSC(Highly Sensitive Child)とは敏感で繊細、感受性が高いなどの気質を生まれ持つ子のことで「ひといちばい敏感な子ども」という概念です。HSCは生まれつき大人のHSPと同様に非常に敏感な感覚や感受性をもっていて刺激を受けやすく細かいことが気になってしまいます。大きな音や人混みが苦手など特徴はHSPとほぼ似ています。

HSCの特徴

  • 大きな音や人混みや苦手
  • 痛みに弱い為、怪我などは少ない
  • 少人数だと話せるのに大人数だとタイミングをうかがい難しい ..etc

子育てについて

【乳児期】
HSPを提唱した心理学者であるエレイン・アーロン博士によると
敏感な乳児は過剰な刺激が原因で泣き続け、生後4ヶ月以上の乳児で「一度に2時間以上泣く」「1日に3時間以上泣く日が週に3日ある」時は、赤ちゃんのまわりにある「刺激」を減らすことを推奨されています。
他には以下の点などには気を付けましょう。

  • 子供の前で騒がない
  • 大きな声で接しない
  • 1歳になるまでは大きな環境変化は控える(旅行などを含め)
  • スマートフォンなどを近くに置かない

【幼児期】
この時期はまだ自分1人でどこかに行くということはあまり考えられない為第三者から発せられる刺激に対して非常にストレスを感じます。  

  • 出掛ける時は突然ではなく前もって言ってあげる
  • 何かさせる時は選択肢は一つだけでなく複数持たせる
  • 子供が驚く様なことは極力避ける

【学童期】
エレイン・アーロン博士はHSCにとってこの学童期と呼ばれる5歳から12歳の間には「独特の才能を開花させる時期」だとおっしゃっています。HSCにはさまざなジャンルで将来活躍する為の才能が眠っており、何をさせるかはお子さんとしっかり話し合って進めていく必要があります。
又、HSCの場合は何か熱中できることを一つでも見つけることができれば心も安定すると言われています。

簡易診断でチェック

もう少し詳しい情報を下記ページにご用意しています。ぜひご覧ください。