管理人のぼやき。

【お知らせ】HSPに関するYoutubeチャンネル準備中

YouTube on a phone

いつもHSPブログ / キラクラボをご覧いただきありがとうございます。

このブログではHSPに関する情報を日々発信していますが、この度Youtubeでも発信をしようと思い準備を進めていきます。

今は配信の時に流すアニメーションの作成をクリエイターの方にお願いしていて、それが完成次第配信スタートしようと思っています。

HSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンとは

HSPとは1996年アメリカの心理学者のエレイン・N・アーロンにより提唱されたHighly sensitive personの略で高い感覚処理感受性を有する人、または気質のことを指します。

HSPの特徴

  • 一つのことを深く考えるのが好き
  • 共感しやすい
  • 感受性が豊か
  • 人にやさしくできる
  • 大きな音や光の刺激が苦手
  • 人混みが苦手
  • 気を読み過ぎて疲れる
  • 近くで誰かが怒られていると自分が怒られている様な気分になる
  • 忘れたい過去が繰り返し蘇る
  • 他人に何か指摘されると中々そのことが頭から離れない
  • 周りが自分をどう思っているか強く気になり不安になる

なぜHSPの情報を発信しているのか?

brown Volkswagen T1 van near body of water at daytime
Photo by Caleb George on Unsplash

私自身、幼少期から強度のHSS型HSPとして生活をしてきましたが自身がHSPであったことに気付いたのは比較的最近の話しです。

正直もっと早くに気付いていれば生き方が自体が楽になってもっと人生がより充実していたかもしれないと思う節もあって同じような境遇で悩んでいる方にとって気づきになればと思いスタートしました。

まだ始めて半年ほどで数万アクセスあるメディアへ成長したことは、HSP自体を調べる人が多い背景があると感じておりニーズに対して心理カウンセラーの立場で情報を提供できる様になれたらと思っています。

これからも色んな形でHSPに関する情報発信をしていきたい

white bird flying in the sky during daytime
Photo by Ali Maah on Unsplash

今は自分が持っているメディアへたくさんのHSPに関する情報を発信している人はたくさんいらっしゃいます。

人によってはHSPにとって共感しがたい内容もあるらしいのですが、正直HSPの概念は内面的な要素がほとんどを占めますので自分の経験則を元に話していくと多少ずれが出てくるのかもしれません。

基本的に私はHSPの提唱者であるアーロン先生がお話されている内容を踏襲したいと考えています。

また自分がHSS型HSPですので、経験としては刺激が必要だけど刺激が強すぎると拒絶してしまったり、疲れてしまうというエピソードの割合が多いかもしれませんが全体を網羅できる様に発信していこうと思っています。

【お知らせ】HSPに関するYoutubeチャンネル準備中ですを読んだあとのおすすめ記事

<累計メール相談数が100件を越えました>
HSP相談